米国産乳製品 > 米国産ミルクたんぱく質

ミルクたんぱく質の分類

濃縮ミルクたんぱく質製品は、牛乳由来のスキムミルクから十分な量の非たんぱく質構成物質 (乳糖とミネラル) を除去して作られます。乾燥させた最終製品には、重量比で 40% 以上のたんぱく質が含まれます。濃縮ミルクたんぱく質製品は、ろ過処理や透析などの安全かつ適切な手法によって、乳糖またはミネラルの全部、もしくは一部を除去して作ることもできます。

乳由来たんぱく質は、ものによって形状やたんぱく質の含有量が違います。食品業者や消費者にとってのメリットも、原料によって異なります。ミルクたんぱく質の原料には濃縮ミルクたんぱく質 (MPC) と分離ミルクたんぱく質 (MPI) が含まれています。MPC のたんぱく質量はさまざまで、カゼインとホエイたんぱく質の含有比率は 80:20 になっています。精密ろ過処理によって、このカゼインとホエイたんぱく質の比率が異なる新しい原料も作られています。濃縮ミセラ カゼイン (MCC) や精密ろ過濃縮ミルクたんぱく質 (MMPC) が、その一例です。

濃縮ミルクたんぱく質 (MPC)

濃縮ミルクたんぱく質 (MPC)

MPC は溶解度や乳化作用が高く、粘度があり、食品や飲料に使用されています。                             

分離ミルクたんぱく質 (MPI)

分離ミルクたんぱく質 (MPI)

MPI はプロテイン バーや食事代替などの高付加価値製品の分野で使用されています。                                     

ミセラ カゼイン

ミセラ カゼイン


ミセラ カゼインや MMPC は一般規格外のチーズ、栄養補助食品、スポーツ サプリメントに使用されています。